家庭学習について

家庭学習から培われる力

2018年07月23日 18時44分

  • 【学校の授業内容について復習する!】
家庭学習では、その日に学んだ学校の授業内容を復習する事で、学習した知識をしっかり定着させる事が可能になります。一回の授業だけでは、その時は自分で理解していても、後でその事柄について忘れてしまったり、理解するのに時間がかかったりします。しかし内容を復習していけば、学んだ内容の理解や記憶がしっかり身に付いてきます。理解が出来ていると言う事は、普段の学校の授業内容の理解が深まる事に繋がります。
 
  • 【次回の授業内容について予習する!】
家庭学習では、学校の授業内容を予習する事で、学校で学ぶ授業内容をより理解しやすくなります。自分で予習をする事で、実際の授業で分からない所をしっかり聞く様になったり先生へ質問したりし、自分の疑問点を解決する事が可能です。この様に、あらかじめ授業内容をある程度把握し理解している事で、毎授業にもしっかりついていける様になりますし、授業内で問題を解く練習を行う際も学習効果が上がります。また授業で先生に当てられた時にも、落ち着いて答えを述べる事が出来ます。
 
  • 【授業内容の「分からない」が「分かる」に変わる!】
家庭学習では、学校で行われる集団学習と異なり、自分が分からない部分を中心に学習出来ます。理解して出来る様になる迄勉強出来、授業では補う事が難しかった部分をクリアにしていけます。自分がどこまで理解しているかによって学習内容を決定し、自分が苦手な所に時間をかけて勉強する事が可能です。学校は集団学習なので、全員が分かる様になる迄じっくり時間をかける事や、分からない子に合わせて授業を進めていく事は難しいです。ですが家庭学習であれば、自分の理解状況に沿った学習内容が出来、理解度の向上に繋がっていきます。
 
  • 【学校の授業内容に付いていける様になる!】
学校の授業で一度分からない所が出てくると、それ以降、その事柄に対しての応用問題や発展させた問題等、色々分からなくなってしまいませんか?分からない部分があったとしても、家庭学習でそれを解消出来ていれば「学校の授業が分からなくて出遅れてしまっている…。」と言う事態を回避する事が可能です。一度つまづいてしまった教科と言うのは、その後も分からない状況が続くと授業を聞く事が苦痛になってしまいます。ですが、授業にしっかり付いていく事が出来ていれば、授業の中身に対しても理解が深まりやすくなりますよね。
 
  • 【勉強に対して自信が付いてくる!】
家庭学習の継続は、「自分はしっかり勉強して習得している!」と言う気持ちに自信を持てる様になります。毎日決められた一定時間の家庭学習の継続は、「自分は今迄頑張ってきているんだ!」と、日頃から積み重ねてきた学習努力を”これからも続けて頑張ろう!”と言う学習意欲に繋がり、更に学習の質が高まると言えます。
 
家庭学習のまとめ
皆さんは、家庭学習についてどんな考えをお持ちでしょうか。自分の子供の学習環境について改めて考えてみる良いきっかけとなればと思います。勉強を楽しく取り組める様になるにはどうしたら良いか、”勉強”と言うのは楽しくなれば習慣は形成される事は難しいものです。楽しめないものに対して続ける事が出来る人は少ないでしょう。もっと沢山の勉強時間を増やす事が最適なのでしょうか?子供の負担にならない家庭学習を行う事が大切でしたよね。
一度学習計画を立てたからと、絶対にその計画通りに進めなければいけないものではありません。何回も繰り返し家庭学習をしていく中で、徐々に自分が取り組み可能な学習量や学習のペースを掴む事が出来ます。時間の多さよりも定められた時間の中で、いかに子供と一緒に質の高い家庭学習が出来るかが大事だと言う事もお分かり頂けたかと思います。小学生低学年迄に、家庭学習の基礎となる土台をしっかり築き、学習する事が大事になってくる今後の為にも、親御さんは自分の子供をしっかりサポートしてあげましょう。「あの時ちゃんとしておけば良かった…。」「しっかり子供の学習を支えてあげれなかったな…。」とならない様に、家庭学習の習慣を付け、お子さんを見守っていきましょう。